【サーバー移管】ネームサーバーの切り替えと、wordpressサイトの引っ越し手順

Advertisements

「運営サイトを、もっと早くて安定しているサーバーで使いたい」など、
同じドメイン名を使いつつサーバーの管理会社を変更したい時、
ドメイン管理業者を他社に変更する「ドメイン移管」とはまた別に、
「サーバー移管作業」を行う必要があります。

最初、手順を間違えて一瞬表示されなくなってしまった(!)ので、
自戒の意味もこめ、メモをしておきたいと思います。

「ドメイン移管」については、
【ドメイン移管】初心者にもできた!移管の手順&移管にかかった期間にまとめました。

  1. サーバー移管の手順
  2. データのバックアップ
  3. 新サーバーに、紐付ける予定のドメインを追加
  4. 新サーバーに、webサイトのデータをコピー
  5. ネームサーバー(DNS)の切り替え
  6. サーバーの解約
  7. メールアドレスも旧サーバーで管理している場合
  8. まとめ

1 サーバー移管の手順

サーバーの移管作業の大まかな手順は以下の通りです。

  1. 1 データのバックアップをとっておく
  2. 2 新サーバーに、紐付ける予定のドメイン(ドメイン移管が終わったもの)を追加
  3. 3 新サーバーに、webサイトのデータをコピー
  4. 4 ネームサーバー(DNS)の切り替え
  5. 5 旧サーバーを解約

今回、wpXシン・レンタルサーバーをつかって
(共通の管理パネルのため、エックスサーバーの場合でも同じ手順で行うことが可能です!)
サーバーの移管作業を行い、Wordpressサイトの引越しを行いました。

2 データのバックアップ

万が一に備えて日頃から用意しておきたいバックアップ。
契約しているサーバーによってはバックアップを自動でとってくれるところもありますが、
まず最初に旧サーバーのまま、バックアップを保存しておきます。
wordpressのプラグインを使う場合、
BackWPupというプラグインが使いやすくおすすめです!

Advertisements

3 新サーバーに、紐付ける予定のドメインを追加

次に、管理パネルの「ドメイン」> 「ドメイン設定」から用意しておいたドメイン名を追加します。

すでにHTTPS〜となっているサイトを移管したい場合、
移転でサイトが見られなくならないよう、
追加ドメインのSSL設定をあらかじめ行っておくことが
推奨されているようです。

ドメインを追加したとき、同時にSSL設定も追加される様ですが、
ドメインの運用状況によっては、無料独自SSLが追加できなかった、と出る場合があるようなので、
その時は管理パネルの「SSL設定」> 「独自SSL設定追加」から、
SSL設定をしたいドメイン名を選択して、追加します。

4 新サーバーに、webサイトのデータをコピー

エックスサーバーwpXシン・レンタルサーバーの場合、
管理パネルの「wordpress」> 「wordpress簡単移行」機能を使って、
その時点での現状サーバーの中身を、まるっとコピーすることができます!
コピーをしても、もとのファイルも消えずに残ります。

5 ネームサーバー(DNS)の切り替え

ドメインのネームサーバーとは、どのサーバを使うか決めるためのアドレスのことです。
ネームサーバー(DNS)の切り替えは、
つまり、ドメインと新しいサーバーを紐付ける作業になります。
ドメイン(URL)が示しているネームサーバー名を、
管理画面トップの「ネームサーバー設定」から新サーバーのネームサーバーに変更します。

ちなみに、wpXシン・レンタルサーバーの場合、ネームサーバーは下記の設定になっています。

  1. ネームサーバー1 ns1.wpx.ne.jp( 157.112.145.232 )
  2. ネームサーバー2 ns2.wpx.ne.jp( 120.136.10.243 )
  3. ネームサーバー3 ns3.wpx.ne.jp( 210.188.201.244 )

ネームサーバーを切り替えた後は、同じドメイン名にアクセスしても、
新サーバー側へアクセスをすることができます。

ここで注意するのは、 4の作業よりも先にネームサーバーを変更すると、
中身がまだないのに新サーバー側へのアクセスを行うことになり、
一見サイトが消えたように見えてしまいます。

最初、よく理解していないまま先にネームサーバーを変えてしまっていたので、
webサイトが表示されなくなっていたことに気づき、
慌ててネームサーバー名を戻して作業しました。。

なので、

必ず新サーバーにサイトのデータを移してからの、
ネームサーバーの切り替えをおすすめします!

例えてみると、引っ越し先を決めたら、
あらかじめ荷物(=データ)も移しておかないと、
引っ越し先を見にいっても何もない(=表示されなくなる)、というイメージでしょうか?

Advertisements

6 サーバーの解約

ネームサーバーの変更後、完全な切り替えには最大72時間程度必要と言われています。
完全な切り替えを待ったあとは、
旧サーバーの解約をしても大丈夫になります。

メールアドレスも旧サーバーで管理している場合

メールアドレスも旧サーバーを利用している場合は、
旧サーバーを解約するより前に、
新サーバーでも全く同じメールアドレスをあらかじめ作成しておきます。
(管理パネルの「メール」> 「メールアカウント設定」から追加します。)

その後メールソフトに、新規追加で新サーバーを使ったメールの設定をして、
旧サーバー/新サーバーのどちらでも送受信ができるようにします。
ネームサーバーの切り替えが完全におわったら、
新サーバーを使った方にのみメールが届くようになるので、
旧サーバーのメール設定は消して大丈夫です。

8 まとめ

以上、サーバーの移管作業について記載いたしました。
「移管中は見えなくなったりしないの?」とか、「メールアドレスはどうなるの?」とか
知らないことが多く、結局一瞬サイトを消してしましたが^^;、改めて勉強になってよかったです。

その中でも、wordpressの移転作業は本来もう少し移転のための準備が複雑なので、
エックスサーバーwpXシン・レンタルサーバーの「wordpress簡単移行」は、
とても使いやすく、移管作業に慣れていない人にはぜひおすすめしたいと思います!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

Advertisements

Similar Posts