Google AdSenseの審査落ちして3回目で受かった話

google adsenseの審査について
Advertisements

勉強を兼ねて試してみようと思ったGoogle Adsense。
落ちても何がダメだったとか詳しいことはgoogleからは教えてくれないため、
ここをこうしたら受かる、という確実なことは今だにわかりません。
ですが、試行錯誤してみて2回落ちた後に3回目の申請で受かったので、
再申請の時に行った変更点についてのメモをしました。
これから申請をする予定の方にご参考になれば幸いです!

※審査基準としては年々厳しくしてゆく傾向にあるそうなので、
申請の際は必ず最新の情報を公式サイトからご確認するのがおすすめです!

  1. Google AdSense1回目の申請
  2. Google AdSense2回目の申請
  3. サーチコンソールを調べる
  4. Google AdSense3回目の申請

1 Google AdSense1回目の申請

まず最初に色々調べてみると、

  1. 10記事以上あり、コピぺ記事ではなく、文字数も短すぎないこと
  2. お問い合わせフォーム
  3. プライバシーポリシー

上記のような箇所が揃っていれば大丈夫!とあったので、
まずはやってみよう!と思い、そのまま申しこみをしてみました。

申し込みの数日後、下記の通知とともにさっそく不合格をもらうはめに。。

今後、ポリシー要件を満たすように変更を加えていただくことができれば、その時点で改めて AdSense にお申し込みいただけます。」

とはいうものの、具体的には理由を教えてくれないので、
引っかかっていそうな箇所を手探りで探してみることにしました。

2 Google AdSense2回目の申請


色々と調べてみて、まずはプライバシーポリシーをGoogle Adsenseの基準に沿ったものにする必要があるのでは?と結論を出しました。
そこで、プライバシーポリシーの変更(ググって出てきたテンプレートを使用)と、ちゃんと定期的に投稿するよ!という意味で、申請中に記事の更新を行ってみることにしました。

◯ 行った対策-その1

  1. アドセンスの内容に沿ったプライバシーポリシーをフッターに配置
  2. 申請している間にも記事をいくつか追加で投稿

申し込みをしてから数日後、
「今後、ポリシー要件を満たすように変更を加えていただくことができれば〜」
とまた同じ文言がきて、まだ要件を満たしていないとの連絡がきました。

せっかく変更したのに、そこだけじゃないの?? と思いつつ、
写真も文章も、ルール違反などの不備があるわけでは特にないし、
プライバシーポリシー以外の部分でも何か原因があるようなので、
gooogleのサーチコンソールを使って、サイトの状況を調べてみることにしました。

Advertisements

3 サーチコンソールを調べる

インデックス登録をリクエスト

サーチコンソールを開いてインデックス > カバレッジという箇所を確認すると、
サイトマップに登録されているURLのうち、
有効なページは10ページなのに対して、
除外のページが25ページ(!!)にもなっていました。

除外ページの詳細をみると、「検出 – インデックス未登録」がその内の22ページとなっており、
つまり、ほとんどの記事はインデックス未登録で、
googleの検索結果ページにも表示される状態ではなかったようです。

グラフをみると、突然ある日から「検出 – インデックス未登録」が急増しているようでした。
「なぜ?」と思って思い返してみると、身に覚えが、、
その日辺りに、わかりやすくなるようにブログ記事のURLの設定を
「日付/記事の名前」から「記事の名前のみ」に変更していました。
特にリダイレクトもせずそのままだったので、結局、それらのページが新しいページとみなされ、
「検出 – インデックス未登録」のページが急増していたのだと思います。

◯ 行った対策-その2

  1. 該当するURLの「URlを検査」を行い、手動で「インデックス登録をリクエスト」をクリック
Advertisements

リンクが切れているページを削除

除外となっているページの詳細をさらに確認すると、
「お探しのページが見つかりませんでした(404 not found)」と表示されてしまう、
存在しないページがあるという404エラーが出ていました。

サイト内でリンク切れを起こしている状態、となっていたようです。
ブログ記事のURLを変更した関係で、以前のものが残ってしまっていて
まだ適切に処理されていないのが原因のようでしたが、
リンク切れしているような状態に見えるのは良くないので、対処をすることにしました。

◯ 行った対策-その3

  1. サーチコンソール管理画面の、インデックス > 削除から該当エラーページの削除申請

プライバシーポリシーのnoindex設定

プライバシーポリシーのページは、どこのwebサイトでも内容がかぶってくるため、
独自性が少ないものとして、noindex(検索結果にそのページを表示させない設定)としていましたが、サイトの審査をうける間、クローラーが巡回できるよう念の為noindexを外しておきました。
noindexをすすめるサイトも多いようだったので、
正直、この変更は関係ないかもしれませんが、、

◯ 行った対策-その4

  1. (All in one SEOのプラグイン使用の場合)wordpressで管理画面の固定ページ>プライバシーポリシーのページ下部のAIOSEO設定から、noindexを削除

4 Google AdSense3回目の申請

「検出 – インデックス未登録」というのを数日経ってチェックすると、
インデックスの未登録が22から11ページに減っていました。

これで有効な記事の数がほぼ元にもどったので、
その時点からもう一度申請してみました。

申請後、2日後に無事合格通知が!

いまだに原因はこれ、とはよくわからないのですが、
“ポリシー要件を満たすように変更を加えて”という不合格通知について、
まとめると下記の対策を行いました。

  1. 「インデックス登録されている記事」の数を増やす
  2. 見つからないページ(404エラー)は削除
  3. google adsenseに沿ったプライバシーポリシー(フッターへの配置でもOK)
  4. プライバシーポリシーのnoindex解除(これはあまり意味ない可能性大?)

逆に、申請期間中に記事更新を行うかについては、
3回目の申請時は行わなくても大丈夫だったので、特に関係はなさそうです。


googleから”ポリシー要件を満たすように〜”などと言われて困っている方に
ご参考になりましたら幸いです!

最後までご覧いただきありがとうございました。

Advertisements

Similar Posts