商用利用可!海外のオシャレフリー画像の素材サイトおすすめ9選

Advertisements

ハイクオリティな画像を気軽に使いたい人向けに、
デザイン業務にも使いたい、下記の条件を満たす海外のフリーの画像素材サイトを9つご紹介します。

  1. フリーでダウンロード可能
  2. 商用利用可
  3. 許可や著作権の表記が必須ではない

例えばブログで、文章だけだと伝わりにくかったりするときなども、
これらのサイトの画像を使えば、クオリティがグッとアップするのでおすすめです!

※ブログやカタログなど、通常の範囲での使用目的を想定したリストのため、写真の再配布禁止事項や公序良俗に反する使用の禁止事項など、各サイトの規約は各自でよくご確認の上ご使用ください。

  1. unsplash
  2. pexels
  3. pixabay
  4. burst
  5. negativespace
  6. stocksnap
  7. kaboompics
  8. Reshot
  9. Foodiesfeed
  10. まとめ

1 unsplash

厳選された高画質の写真を、300万枚以上の中から(2021年8月時点)フリーでダウンロードできます。
ながめているだけでも眼の保養になりそうな、
イチオシのフリー画像のサイトです。
すでにハイクオリティな写真が揃っているため、
使用する際も画像補正は不要でそのまま使えそうなものが多いです。

  1. unsplash
  2. unsplash license

2 pexels

動画素材も提供していて、日本語も対応しているサイトです。
(ただし検索は英語を入れた方が見つかりやすそう)
任意のサイズを指定して、トリミングした状態でDLすることもできます。
それぞれのジャンルが非常に充実しているので、
複数見つけたいときも、おおむね揃うのではと思います。
あとは、撮影情報が載っていて
写真によっては使用レンズやカメラの詳細が掲載されているのも興味深いです。

  1. pexels
  2. pexels license

3 pixabay

240万枚以上の中から選ぶことができて、
ベクターでできたイラストや音楽などもあってバラエティに富んでおり、
こちらも日本語に対応しています。
Pixabayライセンスのもとにカバーされていますが、
一部規定が違う写真もあるため、ダウンロードボタン直下にある規定を
それぞれよく確認することが必須です。

  1. pixabay
  2. pixabay license
Advertisements

4 burst

ネットショップのプラットフォームShopify による、
むしろ画像の商用利用が奨励されている素材サイトです。
写真によってはcc0ライセンス(法令上認められる最大限の範囲で著作権を放棄して提供されるもの)となっています。
ダウンロードする際に、高解像度か低解像度が選択できます。
コントラストがはっきりした写真が多い印象で、
サムネイル等の小さいサイズで使っても目を引きそうです。

  1. burst
  2. burst license

5 negativespace

cc0ライセンスとなっていて、使用制限がほとんどない画像を集めたサイトです。
大きい画像サイトとは違う構図の写真を見つけたいときに重宝しそうな印象です。

  1. negativespace
  2. negativespace license

6 stocksnap

Snappyというデザインソフトの会社によってつくられたフリー素材サイトです。
こちらもcc0ライセンスの写真が提供されています。
特に、少し落ち着いた雰囲気を出したい時に使いやすそうです。

  1. negativespace
  2. stocksnap license
Advertisements

7 kaboompics

Karolina Grabowskaさんが運営している2万枚を超える素材サイトで、
どれもSNS映えしそうな、作り込まれた世界観が特徴的です。
特にインテリア系に使うと似合いそう。
使われているカラーパレットが見られるのが個人的に面白いなと思いました。

  1. kaboompics
  2. kaboompics license

8 Reshot

ベクターイラストやsvgアイコンもあります。
こちらも、大きい画像サイトとは少し違う写真を見つけたいときに重宝しそうです。
Icon Packsのシリーズが可愛らしいものが多く、おすすめポイントです。

  1. Reshot
  2. Reshot license

9 Foodiesfeed

CCOライセンスで、シズル感あふれる食べ物の写真に特化したサイトです。
どれも美味しそうなので、お腹が空いている時に見るのはあまりおすすめできません。。

  1. Foodiesfeed
  2. Foodiesfeed license

10 まとめ

サクッとクオリティをあげたい時に選択肢が増えるため、
いくつかのサイトをあらかじめブックマークしておくのをぜひおすすめしたいです。

Advertisements

Similar Posts