Others

イラレの代用に !? Vectornator X を使ってみた

数あるiPadのお絵かきソフトの中で、

Illustrator 的に使えるアプリがないかといくつか試してみたところ、

個人的に本家の方のAdobe illustratorDrawよりも、今の時点(2019/12月)で

vectornator の方がはるかに使いやすいことが判明。

3E20B1AA-5835-4145-8F12-E1671C27019A

←ソフトの公式Webサイト

https://vectornator.io

サイトによると、創業者はなんと19()だとか。

子供のときに、イラスト描くためにソフト自分でつくることにしたって、

すばらしすぎです。。

今のところ英語サイトしかないようだけど、

サイト内ではチュートリアルのビデオがみれます。

ベジェ曲線で描けてしかも無料!

このvectornatorのメリット・デメリットを考えてみました。

vectornatorのメリットとデメリット

メリット1: フォーマットの選択肢が豊富

最初から拡大しても荒くならないベクター形式のデータではあるものの、

もともと豊富にあるフォーマットを選べば、

書き出す時にもリサイズ等不要!でそのまま使用可能。

(Twitter icon用のフォーマット等もあり)

メリット2: グループ化・マスクなど充実した機能

線の太さや色を選べるとかだけでなく、

複数選択してグループ化したり、

オブジェクトの並び順をかえたり、、

これもできるんだ!とおどろき。

Adobe illustratorDrawにはない機能が充実してます。

ちなみに、指2本タップで戻る、指3本タップで進む、

という機能もとっても便利!

メリット3: 互換性がいい

PCでIllustratorを使って仕上げたい人も、PNGや他の形式にしたい人も、書き出し形式が豊富。

デメリット1: アイコンの意味がたまに不明瞭

スッキリしたUIで全体的に見やすいものの、

イラレユーザには見慣れないアイコンもあり、

たまに何のアイコンなのか、ぱっと見たときに謎、、

試してみればいいものの、

説明の文字でもつけてくれたらもう少しわかりやすいかと。

 

でも総じて、iPadでイラレ的なソフトを探している人には

とーってもオススメのソフトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です